バレンタインおすすめイベント2017!話題のイベントに参加しちゃおう!!

■バレンタインとは

バレンタインと言えば、好きな男性にチョコレートをプレゼントするというのが、従来の日本のスタイルでした。

しかし最近では、友達へのプレゼントとしての友チョコや、自分へのご褒美としてのチョコも増えています。

 

そもそも、「バレンタインってなあに?」という疑問を持つ方もいらっしゃるのでは?

バレンタインデーは「Saint Valentine’s Day」、日本語訳すると「聖バレンタインの日」。

キリスト教では、バレンタインという聖人の日になります。

バレンタインデーについてはいくつもの言い伝えが存在していますので、その中のひとつの説としてバレンタインにまつわる歴史を、ひも解いてみましょう!

 

■お祭りとバレンタイン

時は3世紀。

当時のローマにおいて、毎年2月15日になると開催されるルぺルカリア祭は、とても人気のあるお祭りでした。

ルぺルカリア祭は、豊穣祈願や安産祈願をするお祭りでしたが、人気の理由は人々の生活スタイルにありました。

当時の男女は別々に生活をしており、出会いのきっかけが殆どない状態であったと考えられています。

ルぺルカリア祭では、未婚の女性が名前を書いた札を壺に入れ、男性がその中から1枚を選び、札に書いている女性と祭の期間中一緒に過ごす習わしであったそうです。

共に過ごした男女はそのまま結婚に至るケースも多く、人々にとって大変重要な意味を持つお祭りでした。

valentine_event_201701_02
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

しかし時の皇帝クラウディウス2世は、強兵策として兵士達の結婚を禁止しました。

結婚すると兵士たちが妻子のことを想うようになり、士気が下がると考えたためです。

 

そこへ登場するのが、キリスト教の司祭であったバレンティヌスです。

彼の名は、英語読みで「バレンタイン」。

バレンタインデーの語源となった人物です。

この先は、馴染み深い呼び名である「バレンタイン」の名称で紹介いたします。

 

バレンタインは強兵策の犠牲となった男女を憐れみ、禁止された結婚を密かに執り行っていました。

しかし、バレンタインの行いを知った皇帝は、バレンタインを捕え、ローマの宗教に改宗させようとしました。

 

監獄で生活を送るバレンタインは、ある日、取り調べを担当していた判事の娘と出会います。

彼女は盲目でしたが、バレンタインの説教を聞くうちに、次第にバレンタインに惹かれるようになります。

また、バレンタインも同じく、彼女に対して特別な感情を抱くようになりました。

 

バレンタインが彼女のために祈りを捧げていると、信じられないことが起こりました。

なんと、彼女の目が見えるようになったのです。

彼女の家族は、奇跡をもたらしたキリスト教へ改宗しました。

valentine_event_201701_03
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

しかし、その奇跡は結果として悲劇を生んでしまいました。

キリスト教が迫害されていた時代だったこともあり、269年(270年説もあり)2月14日にバレンタインは処刑されてしまいました。

ルペルカリア祭の前日である2月14日は、家庭と結婚の神であるユノの日としても知られていました。

一説によると、見せしめのために、敢えて2月14日をバレンタインの処刑の日に選んだとも言われています。

 

■バレンタインデーへの変貌

バレンタインの死後から200年以上経過し、風紀の乱れを理由に、ルぺルカリア祭は廃止されました。

イベント自体を無くすと兵士や市民からの反感を買うため、内容が大きく変更されました。

女性の名前を書いていた札には、聖人の名前が書かれるようになり、そのくじを引いたもの者は1年間、聖人同様の扱いを受けるというイベントへと変化しました。

罪人同様に処刑されたバレンタインでしたが、その頃にはキリスト教の普及と共に、殉教した聖人として扱われるようになり、新しく生まれ変わったイベントの守護聖人とされました。

 

イベントは当初、殉教したバレンタイン司祭の死を悼むものだったようですが、殉教の理由から、次第に愛を象徴するイベントへとシフトしていきます。

また、バレンタインは処刑前に、「あなたのバレンティヌスより」と記した手紙を彼女へ宛てていたとの逸話があります。

このことから、2月14日に愛の気持ちをつづった手紙を、男性が好きな女性に出す習慣が広まっていきました。

手紙はやがてカードへと形を変え、現在では男女の枠を越えてバレンタイン・カードを贈り合うようになりました。

カードにはバレンタインのエピソードから、「From Your Valentine」「Be My Valentine」と書かれることが多いようです。

valentine_event_201701_04
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

いつしかカードと共に、様々なプレゼントも贈られるようになります。

チョコレートが贈られるようになったのは、19世紀後半イギリスが発祥と言われています。

日本では、20世紀に入ってからチョコレートを贈るイベントとして浸透していきました。

 

■バレンタインイベント2017

元々は、ルぺルカリア祭であったバレンタインデー。

はたして、これからバレンタインのイベントはどのように変化していくのでしょうか。

2017年おすすめのバレンタインイベントをご紹介いたします。

 

■バレンタインカップル向けイベント2017

イルミネーションやロマンティックなイベントも捨てがたいですが、好きな人と一緒に新たな体験をしてみるのはいかがでしょうか?

今話題のVR(virtual reality)が体験できるのはこちら。

http://www.adores.jp/vrpark/

実際にそこに存在する訳ではないのに、あたかも存在しているかのような疑似体験が得られます。

非現実空間も再現されるため、普段はなかなか見られない相手の意外な一面を発見できるかも知れません。

二人の愛がVRではなく、実際に存在することを確かめる絶好のチャンスかも?

 

■バレンタイン男性向けイベント2017

相手を待つバレンタインを卒業して、先手を打ってみませんか?

男性のためのフラワーイベントはこちら。

http://www.hikarie.jp/event/detail.php?id=43&mode=feature

男性が触れる機会は少なく、プレゼントするにもハードルの高いお花。

渋谷ヒカリエの男性向けイベントなので、参加者も同じ男性ばかり。

これなら、お花に接する恥ずかしさも軽減されること間違いなしです。

司祭バレンタインが女性に手紙を贈ったように、スマートにお花を贈れる大人の男デビューしてみませんか?

valentine_event_201701_05
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

■バレンタインファミリー向けイベント2017

愛する家族のために、心も体も温まるプレゼントをしてみませんか?

チキンラーメン手作りイベントはこちら。

https://www.nissin.com/jp/news/5560

カップヌードルミュージアムでは、期間限定でハート型のチキンラーメンを作るイベントを開催。

ラーメンなら、チョコレートや甘いものは苦手な相手にも喜んでもらえること請け合いです。

インスタントラーメンのままでも十分素敵なプレゼントですが、寒い時期なので、調理するところまでを含めてプレゼントにしてみては?

 

■バレンタイン 友達向けイベント 2017

好きな友達と好きなことを好きなだけしてみませんか?

愛や恋に縛られずに欲望の限りを尽くすイベントはこちら。

https://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/other/girlsplan.php

「バレンタインが男女のためのイベントだなんて誰が決めたの?」という女性にぴったりのイベントです。

彩り豊かなスイーツ、豪華な料理が並ぶブッフェ、優雅な空間で開かれる女子会…。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで過ごす、夢のひと時。

チョコレートもシャンパンもスイートルームも、気の合う仲間と自分にプレゼントしちゃいましょう。

valentine_event_201701_06
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

■バレンタイン 最注目イベント 2017

バレンタインということで各地様々なイベントが開催されていますが、特におススメするのがこちらのイベント。

都内ではポスターを見かけることも多く、大きなイベントとして注目されています。

サロン・デュ・ショコラ 2017

http://www.salon-du-chocolat.jp/about#tab-access

国内外の有名パティシエ、ショコラティエの作品を間近に見て購入することができるイベントです。

素材を厳選して作られた洗練されたチョコレートから、趣向を凝らして作られた宝石の様な輝きを放つ美しいチョコレートまで、様々なチョコレートに出会えます。

オリジナルのカタログも出ており、眺めているだけで溜息と食欲が出てきちゃいますね!

 

と、ここまで紹介しておいて申し訳ないのですが、東京での会期はすでに終了しています。

ですが、こちらのイベントは全国の主要都市でも開催されているので、東京までお越しいただけない方は、お近くの会場へ是非足を運んでみてくださいね☆

勿論、忙しくて会場へ行けない方のために…ネット注文もできます!

会場で並ばずに、ネットで人気のチョコレートをゲットするというのも賢い選択かも知れませんね。

valentine_event_201701_07
引用:https://www.shutterstock.com/

※画像はイメージです。

 

■バレンタインの本質

バレンタインのイベントは時代によって移り変わっていきましたが、大事な人に想いを伝えるという本質は変わりません。

直接会って想いを伝える時間が取れない、恥ずかしい、という方におススメなのがcotoco。

cotocoでは、近くのお店で使える身近なものから、特別なサービスまで、様々なタイプのギフトをご用意しています。

 

<プチギフトに>

スターバックス ドリンクチケット

valentine_event_201701_08

この時期に、ホットドリンクで一息いれてもらうのにピッタリのギフトです。

 

<お疲れのあの人へ>

ラフィネ 【ペア】リラクゼーションチケット(2,160円分)×2枚

valentine_event_201701_09

身体のリフレッシュで、心も軽やかにしてくれるギフトです。

 

<日頃の感謝を込めて>

リンベル e-Gift ワルキューレ(10,000円相当)

valentine_event_201701_10

豊富なカタログから、お好きな商品をお相手の方に選んでいただける、自由度の高いギフトです。

 

<特別なチョコレートを>

LE CHOCOLAT DE H「2,000円」 GIFT券

valentine_event_201701_11

サロン・デュ・ショコラ 2017 にも出店している、日本が誇る至高のチョコレートギフトです。

 

あなたの気持ちをギフトに添えて、大事な人に想いを伝えてみませんか?